振込手数料のイメージ写真

白鳥さん白鳥さん

マンションを売却したときの決済で、振込手数料は、売主と買主では、どっちが負担するのかしら?

不動産屋さんからは売主負担って言われたけど、納得がいかないわ。

本来なら、売買代金を支払う人、つまり買主が負担するべきでしょ?

そうだ、佐藤さんに相談してみよう!

佐藤さん佐藤さん

こんにちは。マンション売却アドバイザーの佐藤です。

振込手数料について、不動産業者から詳しい説明がなく「売主負担」と言われたのであれば、納得がいきませんよね。

実際、不動産業者の説明不足によって、もめることが多い話ではあります。

結論から言いますと、ケースバイケースにはなりますが、基本的には、売主負担になることが多いです。

ただ、不動産業者によって違いがありますので、一概には言えません。

白鳥さん白鳥さん

えっ!そうなの?

でも、法律的には、お金を支払う人が負担するのが普通でしょ?

佐藤さん佐藤さん

よくご存じですね。
確かに、その通りです。

民法では、下記のように記載されています。

(弁済の費用)
第485条 弁済の費用について別段の意思表示がないときは、その費用は、債務者の負担とする。

特に申し出がなければ、債務者負担、つまり、買主負担になります。

しかし、不動産の決済の場合は、少し話が変わってきます。

今回は、決済のときの振込手数料の負担者ついて、詳しくお話させていただきます。

1.売買契約書に従うことが基本。

Fotolia_68702947_XS

佐藤さん佐藤さん

まずは、売買契約書に従うことが基本になりますので、確認してみましょう。

もし、振込手数料の負担者について書かれているのであれば、それに従うことになります。

しかし、一般的な売買契約書には、書かれていないことが多いです。

振り込みに関しては記載がなく、支払方法は「現金、または預金小切手」と書かれていることが多いです。

したがって、振込手数料の負担者については、売主と買主で、相談して決めるようになります。

2.売主負担になることが多い理由

佐藤さん佐藤さん

振込手数料が売主負担になることが多い理由は、売主が、自分の口座へ振り込むかたちをとることが多いからです。

少し話がややこしいですが、買主が、売主に直接振り込むわけではありません。

売主が、買主から受け取ったお金を、自分の銀行口座に振り込むかたちをとるわけです。

白鳥さん白鳥さん

えっ!どういうこと?
振込ではなく、現金で受け取るってことなの?

詳しく教えてくれるかしら。

佐藤さん佐藤さん

決済時のお金の流れは、下記の通りになります。

※買主が住宅ローンを組むことを前提にしています。


  1. 買主の銀行口座に、住宅ローンのお金が振り込まれる。
  2. 買主が、銀行口座から売買代金を引き出すために、出金伝票を記入する。
  3. 売主が、自分の口座へ振り込むために、振込伝票を記入する。
  4. その出金伝票と振込伝票を、銀行員が同時に処理して、支払い完了となる。

本来なら、買主が出金伝票を記入すれば、現金が出てきます。
そして、買主が売主へ現金を渡して、売主が自分の銀行口座に振り込みます。

しかし、現金を出すことは、何かとリスクがあります。
大金ですし、数えるのも大変です。

なので、現金を出さずに、伝票だけで処理するわけです。

つまり、買主が売主に直接振り込むのではなく、売主が自分の銀行口座に振り込むわけです。
したがって、振込手数料を負担するのは、売り主になります。

白鳥さん白鳥さん

なるほどね。

売主が売買代金を受け取って、自分の口座に振り込むから、振込手数料を負担するんだね。

でも気になるんだけど、買主が売主に直接振り込んだらいけないの?

3.買主から売主に直接振り込んだらいけないの?

佐藤さん佐藤さん

買主が、売主に直接振り込むこともできます。

実際、そのようにする不動産業者もいますが、あまりおススメな方法ではありません。

なぜなら、リスクがあるからです。

買主が売主に直接振り込む場合は、買主が振込伝票に記入して、振り込みます。

売主としては、自分の銀行口座に着金したことを確認したいところです。
しかし、確認するのに時間がかかることが多く、不動産の決済では、着金確認をしないことが多いです。

買主の振込伝票の原本は買主が保有し、そのコピーを売主に渡して、支払完了とすることが多いです。

もし、振込伝票の記入ミスなどで、振込が出来なかった場合は、買主に連絡がいきます。

そのようなリスクを追わないためにも、売主が自分の口座に振り込んだ方がいいわけです。

白鳥さん白鳥さん

買主が売主に直接振り込むことは、リスクがあるんだね。

売主が自分の口座に振り込んだ方が、いいね。

もし、買主が売主に直接振り込んだ場合は、振込手数料は買主負担になるの?

佐藤さん佐藤さん

不動産業者によって違いがありますが、このケースでも、売主負担となることが多いです。

なぜなら、買主は振り込む義務はなく、現金で支払えばいからです。

もし、売主が振込手数料の負担を拒否すれば、支払方法は振込ではなく、現金になるでしょう。

売り主としては、買主が振り込むのに、振込手数料を負担することに、違和感を感じますよね。
だから、もめることが多いです。

そもそも、買主が売主に直接振り込むのは、避けた方がいいです。

まとめ

佐藤さん佐藤さん

今回は、決済時の振込手数料の負担者についてお話させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

買主から売主へ直接振り込むのではなく、買主から受け取ったお金を、売り主が自分の銀行口座に振り込むから、手数料を負担するわけです。

白鳥さん白鳥さん

色々教えてくれてありがとう!

また分からないことがあれば、教えてね。