資産家

マンションを売却して、一戸建てに住み替える予定なの。

この場合、「マンションの売却」と「一戸建ての購入」を、同じ不動産会社に依頼した方がいいのかしら?

そうだ、佐藤さんに聞いてみよう!

マンション売却アドバイザー

こんにちは。マンション売却アドバイザーの佐藤です。

住み替えの場合、「売却」と「購入」を同じ不動産会社に依頼した方が良いのか、悩むところですよね。

結論からになりますが、「どのパターンで住み替えをするのか」によって、変わってきます。

住み替えは、基本的に下記の3つの方法があります。


  • 売り先行:旧居を売却して、仮住まいに引っ越して、新居を購入する。
  • 買い先行:新居を購入して、新居に引っ越して、旧居を売却する。
  • 同時進行:「旧居の売却」と「新居の購入」を同時に行う。

売り先行と買い先行は、それぞれ「売り」と「買い」を別々に行いますので、違う不動産会社でも特に問題ありません。

ただ、同時進行に関しては、同じ不動産会社に依頼した方が良いです。

なぜなら、下記の2つの理由があるからです。


  1. 同時進行は、流れがややこしい。
  2. 仲介手数料を値引きしてもらえる可能性がある。

そこで、今回は、同時進行は同じ不動産会社に依頼した方が良い2つの理由について、お話させていただきます。

この話が終わるころには、その理由について、理解することになるでしょう。

1.同時進行は流れがややこしい。

マンション売却アドバイザー


同時進行は「売り」と「買い」を同時に行うことから、非常に流れがややこしくなります。

また、「売り」と「買い」の不動産会社が違う場合は、基本的に不動産会社同士で連絡を取り合いません

したがって、できることなら1社の不動産会社に依頼して、窓口を1本化した方がスムーズにいきます。

下記では、どのようなややこしさがあるのか、お話ししていきます。

1-1.同時に「売り」と「買い」はややこしい。

同時進行の住み替えで、先に「旧居を売る契約」をした場合は、期日までに新居を買わなければなりません。

逆に、先に「新居を買う契約」をした場合は、期日までに旧居を売らなければなりません。

決済・引き渡しの段取りをしつつ、「売り」や「買い」をしていかなければならないため、2社の不動産会社と連絡をとるのは大変です。

1-2.決済・引き渡しの調整がややこしい。

同時進行の住み替えでは、基本的には「旧居の決済・引き渡し」と「新居の決済・引き渡し」を同日に行なうか、もしくは「新居の決済・引き渡し」を数日遅らすなどの方法で行います。

この日程を調整するのが、難しかったりします。

なぜなら、相手方や不動産会社、金融機関、司法書士などの都合があるからです。

2社の不動産業者と連絡を取り合って、調整していくのは大変です。

1-3.住み替えローンの流れがややこしい。

同時進行の住み替えでは、住み替えローン(買い替えローン)を利用することができます。

住み替えローンとは、旧居の住宅ローンの残りを、新居の住宅ローンに上乗せできるローンのことをいいます。

例として、下記の物件を売却するケースを見てみましょう。


  • 旧居の住宅ローンの残り:1,500万円
  • 旧居の売却代金:1,300万円

不動産を売却するには、住宅ローンの残りを完済することが条件になります。

上記の場合、「1,500万円-1,300万円=200万円」が不足していることになります。

本来であれば、この不足分200万円を現金で手出ししなければ、売却することができません。

しかし、住み替えローンを利用すれば、この不足分200万円を借りることができます

そして、新居の住宅ローンに上乗せして、返済していくことができます。

例えば、新居の購入価格が3,000万円の場合は、「3,000万円+200万円=3,200万円」を住み替えローンとして借りることがきます。

「売り」と「買い」が同じ不動産会社であればスムーズにいきますが、違う不動産会社の場合は、手続きがややこしくなります。

以上が、同時進行がややこしい主な理由になります。

2.仲介手数料を値引きしてもらえる可能性がある。

住み替えを1社の不動産会社に依頼した場合は、仲介手数料を値引きしてもらえる可能性があります。

住み替えでは、「旧居の売り」と「新居の買い」の両方に対して、仲介手数料がかかります。

売買価格が400万円以上の物件であれば、下記の計算式にて計算されます。

売買価格×3%+6万円=仲介手数料(税抜き)

これが不動産会社が受け取ることのできる限額であり、多くの不動産会社が上限額を請求してきます。

例えば、売買価格が1,500万円の場合は、下記のようになります。

1,500万円×3%+6万円=51万円(税抜き)

もし、旧住居を1,500万円で売却して、新住居を3,000万円で購入する場合は、下記のようになります。

  • 売却の仲介手数料=51万円(税抜き)
  • 購入の仲介手数料=96万円(税抜き)

もし、1社の不動産会社に「売り」と「買い」を依頼した場合は、不動産会社は2件分の仲介手数料を受け取ることができるわけです。

不動産会社にとってはおいしい話なので、交渉すれば仲介手数料を値引きしてくれる可能性があります。

3.不動産会社を選ぶ際は、売りの不動産会社へ。

1社の不動産会社に依頼する際は、売りを得意とする不動産会社に依頼することをおススメします。

住み替えをするには、まずは資金計画が大切です。

旧居に住宅ローンが残っている場合は、それを完済しなければ売却することができません。

したがって、まずは住宅ローン残高を確認します。

そして次に、旧居をいくらで売却できるのか、不動産会社に査定を依頼します。

その際に、信頼のおける不動産会社を見つけて、「売り」と「買い」を依頼することをおススメします。

信頼のおける不動産会社を選ぶには、無料一括査定サービスがおススメです。

無料一括査定サービスはいくつかありますが、業界最大級イエイがおススメです。

無料一括査定の「イエイ」

なぜなら、主に下記の4つのメリットがあるからです。


  1. 最短60秒で一括査定依頼ができる。
  2. 不動産会社1,000社(業界最多)のなかから最大6社に一括査定。
  3. 運営実績8年のなかで、悪徳不動産会社は排除されている。
  4. 査定に納得いかない場合は、サポートデスクの相談員が代行で、不動産会社に断りの連絡をしてくれる。

もちろん費用は無料なので、利用しない手はありません。

「イエイ」の公式サイトを見る

まとめ

マンション売却アドバイザー

今回は、住み替えは同じ不動産会社に依頼した方が良い2つの理由についてお話させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

資産家

色々教えてくれてありがとう!

また分からないことがあれば、教えてね。