エアコンと照明のイメージ写真

白鳥さん白鳥さん

マンションを売るときは、エアコン付き・照明付きにした方が、売れやすいのかしら?

買主にとっては、メリットになると思うんだけど、でも、新居で使いたいから、どうしようか迷っているの。

そうだ、佐藤さんに聞いてみよう!

佐藤さん佐藤さん

こんにちは。マンション売却アドバイザーの佐藤です。

マンションを売却するとき、エアコンや照明などの付帯設備をどうするべきか、悩むところですよね。

ケース・バイ・ケースにはなりますが、確かに、売却活動中にこれらの付帯設備があれば、売れやすくはなります。

なぜなら、内覧時に、エアコンで快適な室温を保てるし、かつ、照明により室内が明るくなり、印象が良くなるからです。

また、買主がエアコンや照明が必要な場合は、メリットになるでしょう。

しかし、不動産の売買では、これらの動産は、撤去するのが基本です。

したがって、買主が「いらない」と言った場合は、撤去しなければなりません。

今回は、マンションを売却するときに、エアコンや照明はどうした方がいいのか、お話したいと思います。

1.売却価格に影響しない。

佐藤さん佐藤さん

まず、エアコンや照明が付いているからと言って、売却価格が高くなることは、ほとんどありませんので、期待はしない方がいいでしょう。

購入希望者は、「エアコン付き・照明付きだから、このマンションを購入する!」と言う方は、ほとんどいません。

売却価格や立地、間取り、設備、状態など、他の条件を見て、検討しています。

したがって、エアコンや照明が付いてあったとしても、おまけ程度にすぎないわけですね。

その理由から、売却価格に影響することは、ほとんどありません。

白鳥さん白鳥さん

なるほどね、エアコンや照明が付いているからと言って、高く売れるわけではないんだね。

あくまでサービス品ってことね。

2.売却活動中は取り付けてあった方が売れやすい理由。

佐藤さん佐藤さん

売却活動中は、エアコンや照明が取り付けてある方が、売れやすくなります。

なぜなら、購入希望者に良い印象を与えることが出来るからです。

2-1.エアコンの場合

もし、真夏の暑い時期や、真冬の寒い時期に、購入希望者が内覧するときのことを、想像してみましょう。

暑すぎる、もしくは寒すぎると、室内をゆっくりと見学しずらいものです。

そこに、冷暖房付きのエアコンがあれば、室内の温度を快適に保つことが出来ます。

それともう一つ、エアコンを取り外すと、クロスの汚れが目立つことがあります。

あまり印象がよくないため、取り付けてある方が好ましいです。

2-2.照明の場合

照明は、必ずあった方がいいです。

なぜなら、室内を明るくすることで、印象が随分と良くなるからです。

日当たりの悪いマンションであれば、なおさらです。

逆に、照明がなければ、暗い状態なので、印象が悪くなります。

白鳥さん白鳥さん

売却活動中は、エアコンや照明があった方がいいんだね。

でも、新居で必要だから、どうすればいいのかしら?

3.空き家で売る場合はどうする?

佐藤さん佐藤さん

空き家で売る場合でも、エアコンは無理に置いていく必要はありません。

新居で必要な場合は、持っていきましょう。

もし、不要な場合は、置いていくといいでしょう。

照明に関しては、必ずあった方が売れやすくなります。

室内が暗い状態だと、印象が悪くなります。
照明があれば、印象が良くなりますので、売れやすくなります。

なので、あった方がいいです。

しかし、自分が気に入っているものであれば、新居にもっていくようにしましょう。

その代わりに、中古で安い物を購入し、取り付けておいた方がいいと思います。
費用はかかりますが、売却するための経費として考えてはいかがでしょうか。

不動産業者が在庫を持っていれば、売却活動中のみ設置してくれることもあります。
不動産業者に相談してみましょう。

4.居住中で売る場合はどうする?

佐藤さん佐藤さん

居住中の場合は、既にエアコンや照明が取り付けてある状態だと思います。

購入希望者が見学に来られた際には、エアコンで室内温度を調整して、快適な空間を作っておきましょう。

また、照明に関しては、全て電器をつけておき、明るい状態にしておきましょう。

そうすることで、印象が良くなります。

もし、新居で使う場合は、遠慮なしに持っていくことを伝えましょう。
エアコンや照明の有無で、購入希望者の意思が左右することはないでしょう。

もし、新居で使わない場合は、基本的には処分すると考えておきましょう。
もし、買主が欲しい場合は、ゆずってあげましょう。

5.引き渡し後に故障した場合は、保証するの?

佐藤さん佐藤さん

売買契約書や重要事項説明書とは別に、付帯設備表という書類を作成し、買主に渡します。

付帯設備表とは、売主が付帯設備の有無や、故障の有無など、知っている限りのことを買主伝えるための書類です。

引き渡し後に故障したとしても、保証はしなくていいけど、トラブルになる可能性があるため、付帯設備表には正直に書きましょう。

まとめ

佐藤さん佐藤さん

今回は、マンション売却時のエアコン・照明についてお話させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

最後に重要な要点をまとめますと、

  • エアコンや照明付きでも、売買価格には影響しない。
  • 付帯設備は撤去することが基本。
  • エアコンや照明はあった方が、売れやすくなる。

白鳥さん白鳥さん

色々教えてくれてありがとう!

また分からないことがあれば、教えてね。