机上査定と訪問査定の違いや、メリット・デメリット、選び方。

白鳥さん白鳥さん

今度、不動産会社に査定を依頼する予定なんだけど、机上査定と訪問査定では、どちらを選んだ方がいいのかしら?

2種類しかないけど、選択肢があると迷ってしまうわね。

そうだ、佐藤さんに聞いてみよう!

佐藤さん佐藤さん

こんにちは。マンション売却アドバイザーの佐藤です。

不動産の査定方法には、机上査定と訪問査定の2種類がありますから、どちらを選んだ方がいいのか迷ってしまいますよね。

大きな違いは、不動産営業マンが物件を「見るか見ないか」という点です。

机上査定は物件を「見ない」のに対して、訪問査定は物件を「見る」です。

どちらともメリット・デメリットがありますので、目的に合わせて選ぶことが大切です。

今回は、机上査定と訪問査定のメリット・デメリットの他、効率のいい選び方についてもお話させていただきますね。

1.机上査定とは?

佐藤さん佐藤さん

机上査定とは、不動産営業マンが実際に物件を見ることなく、過去のデータをもとにして、だいたいの査定額を割り出す方法です。

不動産会社は、お客様から頂いた物件情報をもとに、過去に同じマンションや近隣のマンションがいくらで売買されたのか、過去の取引事例を調べます。

そして、それらの取引事例と比較することによって、だいたいの査定額が割り出されます。

なお、不動産会社が過去の取引事例を調べる際は、指定流通機構であるレインズを利用することがほとんどです。

レインズとは、会員である不動産会社が見ることのできるサイトのようなものです。
現在売り出し中の物件や、過去の取引事例などが登録されています。

したがって、どの不動産会社でも机上査定の結果はさほど変わらないでしょう。

査定書を作成する時間は、2時間もあれば出来上がります。
翌日には、査定額を知ることができるでしょう。

1-1.メリット

机上査定のメリットは、不動産会社が実際に物件を見ないため、立ち合いをする「わずらわしさ」がありません。

連絡方法は、メールや郵便、電話などになります。

もし、「家族に内緒で査定をする」といった場合は、メールのみでの対応に応じてくれるでしょう。

1-2.デメリット

デメリットとしては、不動産営業マンが物件を見ることなく査定額が割り出されますので、価格の正確性がありません。

中古マンションは、日当たりや眺望、室内の状況によって、価格は上下するものです。

2.訪問査定とは?

佐藤さん佐藤さん

訪問査定は、別名を「実査定」とも呼ばれています。

その名の通り、不動産営業マンが実際に物件を見て、なおかつ、過去のデータも参考にして、査定額が割り出されます。

机上査定との大きな違いは、不動産営業マンが物件を「見る」という点です。

先ほどもお話ししましたが、中古マンションは日当たりや眺望、室内の状態などによって価格が上下します。

例えば、室内の状況が悪い場合は、リフォーム費用などを加味して、査定額を割り出します。

したがって、机上査定よりも価格の正確性があります。

マンションの売却を目的とした場合は、訪問査定を避けては通れないことになります。

査定書の作成には、1週間程度かかることが多いです。

2-1.メリット

訪問査定のメリットは、机上査定よりも価格に正確性があることです。

2-2.デメリット

デメリットとしては、不動産会社の立ち合いがある為、わずらわしさがあることです。

後でお話ししますが、不動産の査定は「複数社に依頼すること」がポイントです。
しかし、複数社が訪問査定をするとなれば、その分、わずらわしさが増えます。

また、近所の方に「不動産を売却すること」を知られる可能性も考えられます。
もし、知られたくない方は、「インターホンで不動産会社名を名乗らないで欲しい」などと、事前にお願いしておきましょう。

3.どのように使い分けるの?

佐藤さん佐藤さん

机上査定と訪問査定をどのように使い分けるかは、「なぜ、査定をするのか」といった、目的に合わせるようにしましょう。

例えば、相続などの事情により「ただ価格が知りたいだけ」という方は、わずわらしさの無い机上査定が好ましいでしょう。

もし、売却をする予定の方は、「より正確な査定額を知るため」に、訪問査定を避けては通れないことになりますから、訪問査定を選ぶことになります。

ただ、訪問査定を選ぶ際でも、まずは机上査定、次に訪問査定を選ぶことをおススメします。
なぜなら、その方が効率が良いからです。

3-1.まずは机上査定を選び、次に訪問査定を選ぶ理由

不動産の売却を成功させるためには、どの不動産会社を選ぶかが非常に重要です。
ここを失敗すると、大損をしたり、長期間売れなかったりする可能性が出てきます。

質の良い不動産会社を見極めるには、多くの不動産会社に査定を依頼して、不動産会社同士を比較することが大切です。

しかし、数社に訪問査定を依頼してしまえば、その対応が大変になってしまいます。

そこで、下記の手順を踏むことによって、効率よく査定をすることが出来ます。

  1. 無料一括査定サービスを利用して、より多くの不動産会社に、まずは机上査定を依頼する。
  2. 対応が良かった不動産会社を3社に絞り込む。
  3. 次に、その3社に訪問査定を依頼する。

そして、不動産会社を絞り込む際のポイントは、

  • 「査定額が高いから」
  • 「仲介手数料が安いから」

などの理由ではなく、「対応」と「査定書の質」が良い不動産会社に絞り込みましょう。

査定額が高い不動産会社を選びたくなるかもしれませんが、決して「査定額=売れる価格」では無いことにご注意ください。

なかには、自社に依頼してほしいがために、わざと査定額を高くする業者もいますので、注意が必要です。

また、最近では差別化を図るために、仲介手数料を安くする不動産会社が増えてきましたが、それを理由に不動産会社を選ぶことは良い選択とは思えません。

それよりも、質の良い不動産会社を選んだ方が、結果的に高く売却できるものです。

まとめ

佐藤さん佐藤さん

今回は、机上査定・訪問査定についてお話させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

最後に重要な点をまとめると、下記のようになります。

  • 机上査定と訪問査定の大きな違いは、不動産営業マンが物件を「見るか見ないか」の違い。
  • 「物件のだいたいの価格が知りたいだけ」の場合は、机上査定のみを選択。
  • 「売却をする予定」の場合は、訪問査定を避けては通れない。

売却を依頼する場合は、下記の手順にて査定を依頼すると、効率が良い。

  1. 無料一括査定サービスを利用して、まずは、複数の不動産会社に机上査定を依頼。
  2. そして、対応が良かった不動産会社を3社に絞り込む。
  3. 最後に、絞り込んだ3社に、訪問査定を依頼する。

白鳥さん白鳥さん

色々教えてくれてありがとう!

また分からないことがあれば、教えてね。