当ブログは、宅建士(元不動産営業マン・現不動産メディア運営者)が、マンションを相場よりも高く売る方法や、知っておきたい知識などを公開しているブログです。

マンションを売却することは、多くの方が一生のうちに一度か二度です。

さらには高額な取引ですから、失敗は許されないし、売却後に後悔したくないはずです。

しかし、初めてのことなので、下記のような不安があるかと思います。


  • 「何から始めればいいのか分からない。」
  • 「どこの不動産会社に依頼すればいいのか分からない。」
  • 「いくらで売れるのか見当がつかない。」

マンションの売却を成功させるために大切なことは、売主の情報武装です。

業界経験者だから分かることですが、情報収集することなく不動産会社に依頼してしまえば、営業マンの言いなりになって、損して失敗する可能性があります。

しかし、残念なことに、マンションの売却に関する情報は少なく、本屋さんに行っても、購入に関する本は多いですが、売却に関する関する本は少ないのが現状です。

そこで、当ブログでは、マンション売却に関する最低限知っておきたい知識だけでなく、相場よりも高く売る方法についても執筆しています。

これからマンションを売却する方にとって、私の知識や経験がお役に立てれば幸いです。

1.マンション売却の基本的な流れ

マンションを売却する流れは、大きく分けると下記の7ステップになります。

  1. 相場を調べる。
  2. 査定を依頼する。
  3. 媒介契約を締結する。
  4. 売却活動を開始する。
  5. 購入希望者と価格交渉・その他の条件交渉をする。
  6. 売買契約を締結する。
  7. 決済・引き渡しを行う。

では、順番に説明していきます。

1-1.相場を調べる。

マンションの売却は、本来は不動産会社に査定を依頼するところから始まりますが、その前に、あなたのマンションがいくらで売却できそうなのか、相場を調べて把握しておきましょう。

その理由は、不動産会社の査定額はあくまでも提案価格であって、最終的に売却価格を決めるのは売主だからです。

また、不動産会社から査定額の説明を受けた際に、理解を深めるためという理由もあります。

相場を調べる方法としては、主に下記の2つの方法があります。

  1. 過去の取引事例を調べる。
  2. 現在売り出し中の物件を調べる。

1-1-1.過去の取引事例を調べる方法

過去の取引事例を調べる方法としては、国土交通省の運営サイト「土地総合情報システム」にて、あなたと同じような条件のマンションが、実際に取引された価格を調べる事ができます。

注意点としては、実際に取引された物件の売却理由などの経緯が分からないため、「売り急いで安く売った」などの事情が分からないところです。

ただ、実際に取引された価格が掲載されているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

1-1-2.現在売り出し中の物件を調べる方法

現在、売り出し中のマンションを調べる方法としては、不動産情報サイトのSUUMOHOME’Sアットホームなどを利用して、検索すれば分かります。

売り出し中のマンションは、あなたのライバルになりますから、相場を調べて、あなたのマンションがいくらで売却できそうなのか、予測しておきましょう。

1-2.査定を依頼する。

査定

不動産会社に査定を依頼して、査定額を割り出してもらいます。

査定を依頼するうえで一番重要なことは、複数の不動産会社に査定を依頼して、査定額・不動産会社・営業マンを比較することです。

なぜなら、査定額は不動産会社によって差がありますし、マンションを相場よりも高く売るためには、良い不動産会社・営業マンと出会えるかどうかが重要ポイントになるからです。

正直、良い不動産会社・営業マンが見つかれば、あとはサポートしてくれますので、マンションの売却は成功します。

不動産会社のなかには、自社に依頼してほしいがために、査定額をわざと高くする業者や、早く売却して売上を上げるために、査定額をわざと低くする業者がいますので、査定は必ず複数の不動産会社に依頼して比較し、何故その査定額になったのか根拠を聞くようにしてください。

1-2-1.不動産一括査定サービスを利用する。

複数の不動産会社に査定を依頼するには、無料不動産一括査定サービスが便利です。

不動産一括査定サイトにて、簡単な物件情報や個人情報を入力すれば、複数の不動産会社に一括査定を依頼することができます。

また、利用することで、下記のメリットも得ることができます。


  • 基本的に悪徳不動産会社は排除されるため、あたる可能性が低くなる。
  • 不動産会社どうしが競合するため、より良いサービスを受けることができる。

不動産一括査定サービスは何社かありますが、選ぶポイントは下記の2つです。

  1. あなたのマンションの地域に対応しているか。
  2. どのような特徴があるのか。

まず1つめのポイントが、あなたのマンションの地域に対応しているかどうかです。

不動産一括査定では、提携不動産会社に一括査定をする仕組みになっていますが、あなたの地域の不動産会社と提携していなければ、そもそも査定ができないからです。


そして2つめのポイントが、どのような特徴があるかです。

正直、どの不動産一括査定サービスも仕組みは一緒ですが、最近では差別化を図るために、不可サービスを付けているところが増えてきました。

では、ご紹介していきます。↓

HOME4U(ホーム・フォー・ユー)

HOME4Uは、NTTデータ・グループが運営している不動産一括査定サービスです。

主な特徴としては、下記の3つになります。

  • NTTデータ・グループの運営だから安心。
  • 運営歴は2001年からで実績がある(査定数は20万件を突破)。
  • 悪質な不動産会社は排除されている。

不動産一括査定サービスでは、物件情報や個人情報を入力しますから、個人情報ろうえいの不安が少なからずともあるかと思います。

しかし、HOME4Uでは、NTTデータ・グループが官公庁や銀行などの日本最高クラスのセキュリティで培った安全なシステムで、個人情報を確実に保護します。

したがって、安心、安全に利用できる不動産一括査定サービスです。

大手不動産会社を中心に、地域密着不動産会社まで査定を依頼することができます。

>>「HOME4U」の公式サイトを見る

1-2-2.机上査定と訪問査定どっちを選ぶべき?

不動産一括査定サービスの入力フォームでは、机上査定(簡易査定)訪問査定(実査定)かを選ぶようになっていますが、まずは机上査定を選ぶことをおススメしています。

机上査定と訪問査定の大きな違いは、不動産営業マンが物件を「見るか見ないか」です。
机上査定は物件を「見ない」のに対して、訪問査定は物件を「見る」です。

もちろん、より正確な査定額がでるのは、訪問査定です。

売却をする場合は、訪問査定を避けては通れませんが、最初から多くの不動産会社に訪問査定を依頼すると、その対応が大変になります。

したがって、まずは机上査定でより多くの不動産会社に査定依頼をし、査定結果を見て、そのなかから3社に絞り込み、次は訪問査定を依頼すると、効率が良く進めていけます。


査定についてもっと詳しくは、下記の記事を参照ください。

1-3.媒介契約を締結する。

マンションの売り出しを開始するためには、不動産会社と媒介契約という契約を締結します。

媒介契約には、下記の3種類があります。

  1. 一般媒介契約
  2. 専任媒介契約
  3. 専属専任媒介契約
一般媒介 専任媒介 専属専任媒介
他社への依頼 × ×
自己発見取引(※1) ×
契約期間 無制限 3ヶ月以内 3ヶ月以内
売却活動の報告義務 なし 2週間に1回以上 1週間に1回以上
指定流通機構への登録義務(※2) なし あり あり
  • ※1 自己発見取引とは、自ら買主を見つけて、不動産会社を通さずに直接売ることです。家族や知人に売却することが、これに当てはまります。
  • ※2 指定流通機構とは、会員である不動産会社が閲覧することのできる情報ネットワークのことで、別名をレインズと呼ばれています。物件情報を登録することにより、他の不動産業者も紹介ができるようになるため、買主を早く見つけやすくなります。

どの媒介契約を選んだらいいのかは賛否両論ですが、私の意見としては下記の通りです。

  • 不動産売買が初めての方は、専任媒介契約。
  • 不動産売買の経験がある方で、比較的時間がある方は、一般媒介契約。

媒介契約にはそれぞれメリット・デメリットがありますので、詳しくは下記の記事を参照ください。

マンションの売却は、一般媒介と専任媒介どっちが売れやすい?


その他、媒介契約に関する記事は、下記を参照ください。

1-4.売却活動を開始する。

不動産会社と媒介契約を締結した後は、いよいよ売却活動を開始します。

詳しくは、下記の記事を参照ください。

1-4-1.売れない場合

もし、売却活動をしても売れない場合は、改善を試みましょう。

値下げをする場合は、やるべきことを全てやってからにしてください。

下記の記事を参考にしてください。

1-5.購入希望者と価格交渉・その他の条件交渉をする。

あなたのマンションの購入希望者が現れましたら、価格交渉や条件交渉があることがほとんどです。

詳しくは、下記の記事を参照ください。

1-6.売買契約を締結する。

購入希望者と売買価格や条件などの話がまとまりましたら、不動産会社が立会いのもと、売主と買主とで売買契約を締結します。

売買契約書には、重要なことが書かれていますので、確認してください。

詳しくは、下記の記事を参照ください。

1-7.決済・引き渡しを行う。

マンション売却の最後のイベントとなるのが、決済・引き渡しです。

売買代金の授受や所有権移転等など重要なことを行いますので、事前にシミュレーションをしておきましょう。

決済・引き渡しに関する記事は、下記の参照ください。

1-8.売却後

決済・引き渡しが終われば、それで終わりではありません。

下記の手続きも取っておきましょう。

2.その他

費用