エアコン

白鳥さん白鳥さん

マンションを売って、一戸建てに住み替える予定なんだけど、エアコンはどうしたらいいのかしら?

置いていった方がいいの?それとも持っていった方がいいの?

そうだ、佐藤さんに聞いてみよう!

佐藤さん佐藤さん

こんにちは。マンション売却アドバイザーの佐藤です。

結論からになりますが、不動産の売買では、壁掛型エアコンなどの動産は、撤去することが基本です。

したがって、住み替えの際に、新居で必要な場合は持っていきましょう。

もし、不要な場合は撤去する方向で考えておき、買主が「欲しい!」と言った場合は、譲ってあげましょう。

ただ、事前にどうするのか決めておかないと、トラブルに発展する可能性がありますので、あらかじめ決めておきましょう。

そこで、今回は、住み替えにおけるエアコンについて、詳しくお話したいと思います。

この話が終わるころには、エアコンの悩みがなくなるでしょう。

1.動産は撤去するのが基本

佐藤さん佐藤さん

先ほどもお話ししましたが、不動産の売買では、壁掛型エアコンなどの動産は撤去することが基本です。

よく、「エアコン付きじゃないと売れない」や「エアコン付きの方が高く売れる」と思われている方がいらっしゃいますが、そんなことはありません。

確かにエアコン付きだと、必要な方には喜ばれますが、おまけ程度にすぎないわけですね。

経験上、「エアコン付きだから購入を決めた」と言う方はほぼいませんし、それよりも、購入価格や立地、間取り、状態などを重要視して、検討されています。

1-2.新居で使わない場合はどうする?

住み替えで、エアコンを新居で使わない場合は、撤去する方向で考えておきましょう。

そして、もし買主が「欲しい!」と言った場合は、譲ってあげると喜ばれます。

売主としても、撤去費用がかかりませんから、そっちの方がいいですよね。

1-3.どうするか最初のうちに決めておく。

エアコンを外すのか外さないのか、最初に決めておくとスムーズに話が進みます。

後になって「やっぱり持っていく」となれば、トラブルになる可能性がありますので、最初のうちに決めておきましょう。

1-4.引き渡し後に故障した場合は、どうなるの?

エアコンは、引き渡し後に故障したとしても、売主が保証する必要はありません。

ただ、最初から故障していたのを黙っていた場合は、トラブルになる可能性があります。

売買契約のときには、売買契約書や重要事項説明書とは別に、付帯設備表を作成することが一般的です。

付帯設備表とは、売主がエアコンなどの付帯設備の有無や、故障の有無など、知っている限りのことを買主伝えるための書類です。

あとあとのトラブルを避けるためにも、付帯設備表には正直に書いておきましょう。

番外編.内覧時にエアコンをつけておくと印象が良い

購入希望者が内覧に来られる際は、事前にエアコンで室内温度を調整して、快適な空間を作っておくと、印象が良くなります。

特に、真夏の暑い時期や、真冬の寒い時期は、快適な室内温度にしておきましょう。

そのようにすることによって、少しでも長く見てもらえる確率が上がります。

まとめ

佐藤さん佐藤さん

今回は、住み替えにおけるエアコンについてお話させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

白鳥さん白鳥さん

色々教えてくれてありがとう!

また分からないことがあれば、教えてね。