PC

白鳥さん白鳥さん

マンションを売却するときは、居住中と空き家では、どちらが売れやすいのかしら?

住みながら売りに出したいけど、お客さんが気を使って内覧に来なかったらどうしよう・・・。

それなら早く引っ越して、空き家にした方がいいのかな?

そうだ、佐藤さんに聞いてみよう!

佐藤さん佐藤さん

こんにちは。マンション売却アドバイザーの佐藤です。

「居住中だと売れにくいのでは?」と思ってしまいますよね?

結論からになりますが、居住中でも空き家でも、どちらでも売れます。

どちらが売れやすいかについては、どちらともメリット・デメリットがありますので、一概には言いきれません。

よく、居住中だと売れにくいと思われていますが、そんなことありません。
なので、引っ越し費用をかけて無理に空き家にする必要はないです。

ただ、不動産業者は「空き家の方が売れやすい」と言う方が多いと思います。
なぜなら、その方が営業活動しやすいからです。

そこで、今回は、居住中の5つのメリットと、4つのデメリットをお話させていただきます。
空き家の場合は、その逆と思っていただければいいかと思います。

1.居住中の5つのメリット

1-1.売主に会うことができる。

佐藤さん佐藤さん

中古マンションを探されている方は、高額な買い物をするわけですから、かなり慎重になっています。
売主がどのような人なのか、できれば知りたいところです。

居住中であれば、売主と直接会うことで、安心感がでてきます。
なので、お客様だと思って、好印象になるように接するようにしましょう。

気が合う人間どうしであれば、それがプラスの材料となることもあります。

1-2.売主に話を聞ける。

購入希望者は、売主と会うことによって、不動産業者が知らない情報を聞くことができます。

例えば、マンションにどんな人が住んでいるのか、マンションでの過去のトラブル、マンションの歴史などは、不動産業者が即答できるものではありません。

売却するマンションについて一番詳しいのは、不動産業者ではありません。
やはり、長年所有していた売主が、一番詳しいはずです。

これらの話を聞くことは、買主にとって貴重な情報になります。

ただ、あまりにもメリットばかりを話すのはやめておきましょう。
購入希望者は「売り込まれる」ことを嫌うからです。

1-3.生活のイメージがしやすくなる。

居住中だと、テーブルや椅子、ソファーなどの家具が置かれている状態です。
この状態が、購入後の生活のイメージをしやすくさせてくれます。

よく、新築のモデルハウスにはサンプル家具が置かれていますが、これも生活のイメージをしやすくるためです。
居住中だと、これと同じような効果が得られるわけですね。

ただ、綺麗にかたずけをして、シンプルな状態にしておきましょう。
生活感がありすぎると、逆に印象が悪くなります。

また、購入希望者が見学する際は、部屋を明るくしておくことも大切です。
カーテンはすべて開けて、照明もすべて付けておくと、印象が良くなります。

また、癒し系の音楽を流しておくのも、プラスになるでしょう。

1-4.空き家よりも綺麗に見えることがある。

引越しのときに「家具を移動させたら、クロスが意外と汚れていた」という経験はありませんか?
例えば、冷蔵庫を移動させると、クロスが黒く汚れていることは、よくある話です。

実際、空き家にしてみると感じることですが、意外とクロスやフローリングが汚れていたり、日焼けにより変色していたり、傷が目立ったりすることがあります。

「空き家にするよりも、居住中の方が綺麗に見える」ということは、よくある話です。

1-5.空き家と比べて、居住中だと室内が傷まない。

空き家の場合は、居住中と比べて、室内が傷むスピードが速いです。

窓を閉め切ったままなので、空気が通らず、高温多湿により、カビやサビなどがしてきます。

また、排水溝の匂いなどが充満して、しみついたりもします。
久しぶりに室内に入ると、空き家独特のに臭いがすることが多いです。

空き家の状態で売却活動をして、万が一売れな買った場合は、その分、室内がどんどん傷んでいきます。

居住中の場合は、その心配がありませんので、メリットだと言えるでしょう。

白鳥さん白鳥さん

居住中は売れにくいと思っていたけど、そんなこともないんだね。
色々なメリットもあるようだし・・。

逆に、デメリットは何があるのかしら?

2.居住中の4つのデメリット

佐藤さん佐藤さん

2-1.売主と買主、営業マンの都合が合わなければ、内覧できない。

空き家の場合は、不動産会社が鍵を預かることが一般的です。
なので、不動産会社と購入希望者の都合が合えば、内覧することができます。

しかし、居住中の場合は、鍵を預かるわけにはいきません。
なので、売主と不動産会社、購入希望者の都合が合わなければ、内覧することはできません。

内覧は1件でも多い方が売れやすくなりますので、もし、都合が合わなければ、その分、チャンスを逃すことになります。

できるだけ、都合を合わせるようにしましょう。

2-2.購入希望者が隅々まで見ることが出来ない。

売主が居住中だと、購入希望者が気を使って、隅々まで見にくいというデメリットがあります。

クローゼットや押し入れ、キッチンの収納などは、勝手に開けて見にくいものです。
また、家具が邪魔で、コンセントの位置が見れないこともあります。

購入希望者としては、見れるところは全部見たいと思っているでしょうから、売主にとって見られたくない部分でも、協力して見せてあげましょう。

2-3.家具などがあると、室内が狭く見える。

家具が置いてあると、生活のイメージがしやすくなるので、メリットになります。
しかし、逆に室内が狭く見えてしまうという、デメリットにもなります。

不要な家具は、かたずけたり処分するなどして、できるだけ部屋を広く見せましょう。

2-4.不動産会社が売却活動をしにくい。

不動産業者の売却活動は、色々な方法があります。
インターネットへの掲載や新聞広告、オープンハウス、近隣へのチラシ配りなどを行います。

すべて行ってもらうことが早期売却へとつながりますが、居住中の場合は範囲が限られることが多いです。

例えば、居住中でオープンハウスや近隣へのチラシ配りなどは、NGとする売主が多いです。
売却することを、近所の人に知られたくないとの思いがあってのことです。

実際、私の実家を売却した時も、そのようにしました。

現在では、インターネットによる反響が多くなってきました。
しかし、オープンハウスや近隣へのチラシ配りによって、購入申し込みがあることも多いです。

早期売却の為、できる範囲で、なるべく営業活動をしてもらいましょう。

白鳥さん白鳥さん

デメリットは、売主次第で、ある程度はどうにかできそうね。

売主も、お客様と接するような姿勢が、大事そうね。

まとめ

佐藤さん佐藤さん

居住中の5つのメリットと、4つのデメリットをお話させていただきましたが、如何だったでしょうか?
最後にもう一度、話をまとめさせていただきます。

居住中の5つのメリット

  1. 売主に合うことができる。
  2. 売主に話を聞ける。
  3. 生活のイメージがしやすくなる。
  4. 空き家よりも綺麗に見えることがある。
  5. 空き家と比べて、居住中だと室内が傷まない。

居住中の4つのデメリット

  1. 売主と買主、営業マンの都合が合わなければ、内覧できない。
  2. 購入希望者が隅々まで見ることが出来ない。
  3. 家具などがあると、室内が狭く見える。
  4. 不動産会社が売却活動をしにくい。

白鳥さん白鳥さん

色々教えてくれてありがとう!佐藤さん!

また分からないことがれば、教えてね。

【必見】損しないマンション売却の始め方

マンションを高く売るには、まずは査定額・不動産会社・営業マンを比較して見極めることが大事です。

査定額は、不動産会社によって500万円もの差がでることは珍しい話ではありません。

不動産一括査定サービスの「机上査定」なら、簡単な情報を入力するだけで、その日のうちに査定額を知らせてくれる会社も多く、売却相場がすぐ分かります。

比較をして、その中から「話をきいてみたいな」と思った不動産会社にコンタクトをとるとよいでしょう。

不動産一括査定サービスは何社かありますが、NTTデータグループが運営する「HOME4U」や、三井・住友・東急などが共同運営する「すまいValue」が安心です。

もちろん、納得がいかなければ無理に売却する必要はありません。